最近の葬式事情は質素がキーワード

最近の葬式事情は「質素」がキーワードかもしれません。有名人や地元の名士などは別にしても一般家庭で家族が亡くなった場合は、あまり大々的に執り行うことは少なくなっているようです。新聞のおくやみ欄を見ても、家族や近親者のみで執り行ったという報告だけのものがずいぶん増えてきています。核家族化が進み、少人数の家族だけが身内という場合はそれでも十分に供養することができるでしょう。田舎に行けば行くほど親類縁者が多く、それなりの会場を設営して葬式を執り行わなければ恰好がつきません。お寺の住職の人数もそれなりに多い方が故人を偲ぶ気持ちを大げさに表現できるのではないでしょうか。葬式の規模と故人の魂が成仏するかどうかは別物ではないでしょうか。故人に感謝をしつつあの世に見送る気持ちを持って、お寺の住職にお経を唱えてもらえば故人は自分が亡くなったと悟って迷いなく成仏するのではないでしょうか。

葬式は人生最後の大切なイベント

葬式は人生最後の大切なイベントです。亡くなられた方の人生を振り返り、生前付き合いのあった、仲の良い友人や親戚、仕事関係の方が最後の別れにいらっしゃる、人生最後のお別れです。その人の人生がどうであれ、みんなが亡くなられた人のために、わざわざ忙しい中集まってくれますので、最高のもてなしをしなければなりません。亡くなられた人のためにしっかり供養し、その人が亡くなっても、忘れることはないように行います。葬式は、今はお寺で行われることが少なくなり、葬儀会社に頼むことの方が多いようです。形はどうあれ、亡くなられた方を想う気持ちは変わりません。田舎の方では、亡くなられた方の近所の方が集まり、葬式を手伝うなど、地域によって色々なやり方があるようです。なんであれ、亡くなられた人が一番寂しいのは、亡くなったことではなく、忘れられることです。しっかり供養をしましょう。

葬式の装いは全体に光沢を避ける

葬式に参列する時は、全体的に光沢を避けた装いを意識しましょう。礼服はもちろん、女性の髪飾りやメイク、靴に至るまで、光るものは避けるようにします。例えば黒いバッグでも、光沢があったり目立つ色の金具が付いていると、少し派手な印象になります。葬式の場では、質素な装いがマナーなので、黒い色であっても光り輝く素材の物は使わない方が良いです。靴も同じところに注意します。黒い靴でも、素材によっては光って派手に見えてしまう物があります。男性の場合は、ベルトの金具にも気を付けましょう。金色の金具が付いているなど、輝きのあるデザインの物は避けます。悲しみの場では、黒いシンプルなベルトが最もふさわしいです。女性のメイクでも、光沢には注意しましょう。パールやラメは、キラキラと光る素材なので避けます。葬式では、全てにおいて光沢が出ないよう注意しつつ、装いの準備をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*