葬式をする本当の目的

人が亡くなると葬式を挙げることが一般的ですが、その本当の目的は何かと言うと、故人が成仏できるように導くことだと言われています。人は亡くなっても魂はそのまま生きていますから、自分の通夜でも葬儀でもその場にいて見ていると言われています。そして、自分の葬式を行なっていることを認識することで間違いなく自分は亡くなったことを悟るのでしょう。その方がスムーズに成仏できるようです。突発的な出来事によって亡くなってしまったような場合は、故人は生きている時と同じように見えるわけですから、自分が亡くなったと思えない場合があります。そのような場合は、葬儀の場に必ずしも故人の魂がいないこともあります。そのような状況でお経を唱えても本人には届きませんから、成仏をすることが困難になるようです。本人が命を落とした現場で供養することで本人の魂は自分が亡くなったことを悟って成仏できるのだそうです。いずれにしても葬式の目的は故人が間違いなく成仏するためにあると言えるのではないでしょうか。

葬式の費用はピンからキリまで

故人を偲ぶために葬式を執り行うことが世間の常識ですが、中には費用を出すことができずに、簡単に家族だけで故人を送る家族葬で済ます家もあります。盛大に執り行おうが、ひっそりと簡単に執り行おうが、魂だけの存在になった故人にとっては、お経を聞いて自分が亡くなったことを悟ることができれば成仏できるのではないでしょうか。人は魂だけの存在になっても生前と同じように感情を持っていると言いますから、できれば多くの人に惜しまれて旅立ちたいところでしょう。しかし、その家にはその家の事情もありますから、あまり欲を持たずにスムーズに成仏してもらいたいというのが遺族の願いなのかもしれません。人は人間界に生まれて魂を磨き、亡くなったらあの世に生まれてまた魂を磨くそうです。その繰り返しで魂はどんどん磨かれていくようです。ですから、必要以上に悲しむのではなく、魂の成長を願う気持ちを持つようにするのも故人を偲ぶ方法のひとつになるのかもしれません。

成人したら、お葬式アイテムの用意を

お葬式はある日突然やってくるので、日頃からある程度の準備をしておくことが大切です。成人したら、喪服や黒い靴、靴下、ストッキング、バッグ、香典袋、数珠など、一通りセットでそろえておきましょう。一年に一回はそでを通してみて、サイズが合っているか確認しておくことも大切です。また、お子さんがいる場合は、あらかじめ黒い服をそろえておくのもサイズ的になかなか難しいですから、急な不幸の連絡が来た際にすぐに買いに行けるお店をリサーチしておきましょう。お子さんの場合は、すぐに成長しますので、黒い服を用意しても一度しか着ないというケースも多いです。ですから、あまり高級な物ではなく、リーズナブルな価格で変えるお店があると良いですね。意外に忘れがちなのが、子どもの黒い靴です。バタバタしていると忘れがちですが、しっかりチェックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)